豊島区支部について

公益社団法人東京都宅地建物取引業協会 豊島区支部

宅地建物取引業法第74条によって東京都知事認可で設立された「公益社団法人東京都宅地建物取引業協会」の一員で、豊島区内の不動産業者600社以上が加盟し「安心・安全」をモットーに良質な住まいの提供と不動産取引が行われるよう努めています。
「住宅・不動産無料相談所」や「くらしと住まいの無料相談所」「不動産フェア」など様々な事業を展開して地域に貢献しています。

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-31-6 三昌ビル3F
TEL. 03-3984-2977 (平日9時から17時まで)

ハトマークは東京都宅建協会のシンボル

hatologoハトマークは「安心と信頼」のマークです。
宅建協会に加盟する不動産業者は、“安心”・“安全”をモットーに、良質な住まいの提供に努めています。

※全国47都道府県宅建協会のシンボルマーク。
2羽のハトは、「会員業者と消費者の信頼と繁栄」を意味しています。
赤は太陽、緑は大地、白は取引の公正を表します。

公益社団法人東京都宅地建物取引業協会

公益社団法人東京都宅地建物取引業協会(東京都宅建協会)は、昭和40年に創立し、2年後の昭和42年6月、宅地建物取引業法第74条によって、東京都知事認可で設立された公益法人です。都内約1万5300名(都内不動産業者の約60%)の会員で構成され、会員は地域に密着してよりよい住まいづくりに貢献しています。

東京宅建協会は全国組織の公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)に加盟しています。傘下会員数は全国で約10万会員にも上り、宅建業者全体の約80%で組織されています。

倫理綱領

  • 我々会員は、国民の貴重な財産を託された者としての誇りと責任をもって社会に貢献する。
  • 我々会員は、依頼者と地域社会の信頼にこたえるよう常に人格と専門的知識の向上に努める。
  • 我々会員は、諸法令を守り、公正な取引の実現に努める。
  • 我々会員は、依頼者のために、誠実公正な業務の遂行に努める。
  • 我々会員は、業界発展のため、業者間の相互信頼に基づく親密な協力によって業界秩序の確立と組織の団結に努める。